確かな技術と自由な発想 新しいライフスタイルをご提案します

Jessica Lindell Vikarbynとアルペンスキーについてまとめたホームページです。

TOPICS

  • アルペンとは「アルプスの」という意味で、欧州のアルプス地方で20世紀になって山岳スキー技術として発展したもの。 雪の斜面でターンを繰り返し、直滑降をおり混ぜつつ滑る。斜度0度から40度以上までのさまざまな斜度で構成されるが、斜度10度くらいから20度が一般的とされる。滑走速度はレジャー目的であれば40km/hから60km/h程度。高速系競技では100km/hを越える。
  • スキー技術としてはアルペンスキーのほかに、北欧のスカンジナビア地方で発展したノルディックスキーがある。ノルディックスキーがかかとが持ち上がる構造になっているのに対し、アルペンスキーではかかとはビンディングに固定されたものとなっているためスピードに強く、いかに斜面を早く滑り降りるかを競うレースが古くから行われており、現在ではヨーロッパを中心に非常に人気の高い競技スポーツとなっている。特にオーストリア、スイスなどアルプスの国々では国技であり、勝者は国民的英雄となる。第4回冬季オリンピックからは正式競技として採用されている。
  • レースでは、コースに旗門と呼ばれる2本1組の旗が並べられ、その旗門を順番に通過しながら滑走してゴールまでのタイムを競う。2本のスキー板と両足が旗門を通過できなかった場合は失格となる。種目によって、旗門数、旗門のインターバル、コース長、標高差が大きく変わってくる。
  • レースの種目は旗門間の距離によって分けられており、旗門間の距離が短い順にスラローム(回転:SL)、ジャイアントスラローム(大回転:GS)、スーパー大回転(スーパーG)、ダウンヒル(滑降:DH)などに分けられる。

NEWS新着情報

2011年04月13日
ホームページデザイン変更しました。
2011年04月12日
バナーを変更しました。
2011年04月10日
サイトマップ追加しました。

バナースペース